2010年10月29日

世界の観光地と日本人旅行者

「世界の観光地」に数えられるところは、世界中にたくさんあります。「世界の観光地」としてどこの国の観光地がいいかというと、その人の好みなどもあり、一概に「これぞ世界の観光地」というのは難しいかもしれません。


探険旅行ウェブサイトiExploreが先日発表した「2006年世界人気観光ランキング」によると、「世界の観光地」のトップはエジプト、第2位南極、第3位南アフリカ、以下ペルー、中国、タンザニア、インド、タイ、イタリアとアルゼンチンとなっています。


また、世界観光機関(World Tourism Organization(WTO))によると、2004年に海外旅行客が最も多く訪れた「世界の観光地」がある国・地域のベスト10は、1位フランス、2位スペイン、3位アメリカ、以下中国、イタリア、イギリス、香港、メキシコ、ドイツ、オーストリア(2005年5月19日発表)となっています。


一方、「世界の観光地」として日本人が今年訪問した国は、1位アメリカ(ハワイを含む)、2位中国、3位韓国、4位タイ、5位香港、6位台湾、7位グアム、8位スペイン、9位オーストラリア、10位シンガポールとなっています(ツーリズム・マーケティング研究所による)。


世界の観光に関するJTBのレポートによると、昨年度の日本人の海外旅行者数は、1,753万4,565人で、前年度比13万人の増加。しかし、2000年度の旅行者数に比べると30万人ほど減少。近年の旅行者の特徴としては、60代を迎えた人の旅行者数が増加していること、全国的に旅行者数が減っている中、首都圏と東海地域の出国者数は増えていることなどが挙げられるそうです。
posted by taikoc at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

人気の海外旅行先

人気の海外旅行先はどこか?――世界観光機関(WTO)は2004年に海外旅行客が最も多く訪れた国・地域のベストテンを発表しました。


それによると、ダントツの1位はフランス。フランスには、ユネスコ世界遺産にも登録されている有名なベルサイユ宮殿をはじめ、エッフェル塔や凱旋門、ルーブル美術館、ノートルダム大聖堂、それにコート・ダジュールやニースといった人気の高い観光地・観光スポットが数多く存在しています。


第2位はスペイン。スペインというと、太陽の国、フラメンコ、闘牛……といったイメージがわきますが、観光地・観光スポットとしてはグラナダのアルハンブラ宮殿や、天才建築家ガウディの作として知られるサクラダ・ファミリア教会、「ドン・キホーテ」の舞台であるコンスエグラが有名。


第3位はアメリカ。アメリカは、自由の女神がシンボルのニューヨークをはじめ、ホワイトハウスのあるワシントンDC、カジノの街ラスベガス、ナイアガラの滝、グランドキャニオン、イエローストーン国立公園などの観光地が人気を集めています
posted by taikoc at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

九州の人気観光地

人気観光地をランキングするという試みが、九州のある観光雑誌で行なわれ話題になりました。名前は“人気観光地調査”。


これは平成14年に行なわれたものですが、それによると、まず「去年行ったことがある観光地ランキング」では、1位が湯布院温泉、2位が阿蘇、3位が黒川温泉。


「行ってみてよかった観光地ランキング」は、1位が黒川温泉、2位が湯布院温泉、3位がハウステンボス(テーマパーク)。


「もう一度行ってみたい観光地ランキング」では、1位が黒川温泉、2位が湯布院温泉、3位がハウステンボス。


こうしてみると、黒川温泉、湯布院温泉、それにハウステンボスは、単に宣伝効果などで人気が上がっているのではなく、本当に観光客の心をとらえるだけの“良さ”があることがわかります。


(ちなみに、ハウステンボスは「去年行ったことのある観光地ランキング」では6位、阿蘇は「もう一度行ってみたい観光地ランキング」では7位)

参考までに、「行ってみてがっかりした観光地ランキング」は、1位が嬉野温泉、2位が天草、3位がカドリー・ドミニオンでした。
posted by taikoc at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

温泉のマナーと注意点

観光旅行の旅行先で楽しむ温泉は格別に気分のよいものですが、温泉の入り方には、いくつかのマナーや注意点があることをご存じでしょうか。


まず第一に、湯船に入る前に、「かけ湯」をします。かけ湯とは、お湯で体を流すこと。これには、自分の汗や体の汚れを洗い流すと同時に、お湯の温度に徐々に体を慣らすという二つの意味があります。


かけ湯が終わって湯船に入るときは、タオルを湯船に持ち込んではいけません。テレビの観光番組などで、女性レポーターがタオルを巻いたまま温泉につかる様子などがよく放映されていますが、本来あれはマナー違反なのです。


観光客の中には、湯船に缶ビールなどを持ち込む人もいるようですが、これは論外。また、湯船で髪や体を洗うのも、他の人の迷惑になるので厳禁です。


お湯からあがるときは、せっかくの温泉の有効成分を洗い流してしまわないためにも、シャワーなどは使わない方がいいでしょう。


有効成分を残すには、軽くタオルを当てる程度にして、あとは自然乾燥にまかせるようにします。


ただし、強酸性の温泉や硫化水素泉など、刺激が強い温泉の場合、「湯ただれ」を起こす場合があるので、肌の弱い人は軽くシャワーを浴びた方がよいとされています。


温泉の性質は、観光ガイドなどであらかじめ調べておくとよいでしょう。
posted by taikoc at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

至高の温泉――日本三大名湯

温泉は、日本全国に広く分布していますが、その中で特に有名なものとして、日本三大名湯と呼ばれる温泉地があります。これは、草津温泉、下呂温泉、有馬温泉の三カ所のこと。


草津温泉は、群馬県の高原リゾートに位置する温泉であり、リゾートホテルが立ち並ぶ中、街の中心部には古い風情の温泉街もそのまま残っています。


草津温泉は自然が豊富で、草津白根山、“湯釜”とよばれる火口湖、草津国際スキー場など、観光・レジャースポットも多数。


1600平方メートルの自噴泉から毎分5000リットルの湯が豪快に沸き出す「湯畑」は、有名な観光スポットでもあります。


下呂温泉は、岐阜県を南北に走る「飛騨路」の中央にある温泉です。下呂町は四季を通じて祭りやイベントが多く、観光客を楽しませてくれます。


有馬温泉は、日本三古泉の一つにも数えられる日本最古の温泉として知られ、日本書紀の「舒明記」にもその名が記されています。有馬温泉は豊臣秀吉がこよなく愛したことでも知られています。


六甲山の山腹に位置する有馬温泉は、自然の景観も美しく、観光スポットとしても優れています。
posted by taikoc at 11:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

エリア別・京都観光のポイント

観光都市として世界的に名高い京都。京都は大きく洛中、洛東、洛北、洛西、洛南という五つのエリアに別れており、それぞれ特徴的な表情を見せています。


洛中は京都の中心地。京都の玄関口である京都駅があるエリアで、市街を一望できる京都タワーや、京都で一番の繁華街として知られる河原町・先斗町などが観光のポイントです。


洛東は東山の裾野に広がる風情ある街。祇園界隈には、京料理の店が集い、舞妓さんが行き交います。このエリアには清水寺や慈照寺(銀閣寺)など、京都観光では外せない寺院が多数存在しています。


洛北は京都の奥座敷と呼ばれ、素朴で豊かな田園風景が広がるエリア。観光スポットとしては修学院離宮や三千院などがあります。


洛西は、京都観光の最重要ポイントの一つである鹿苑寺(金閣寺)のあるところ。嵐山や嵯峨野は桜や紅葉の名勝として知られています。また、太秦には東映太秦映画村があり、観光客の人気を集めています。


洛南の観光スポットとしては、まず全国の稲荷神社の総本山である伏見稲荷大社があげられます。洛南はお茶と酒の産地としても有名で、宇治には宇治茶を扱う老舗や茶房が、伏見には造り酒屋が並び、多くの観光客が訪れます。
posted by taikoc at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

人気の京都観光

観光旅行の行き先で、近年特に人気が上昇しているのが、京都。京都観光に訪れた人の数は、2004年一年間で4500万人を突破、現在京都市は年間観光客誘致5000万人を目標にしているといいます。


京都は地形的には盆地の中にあり、北山、東山、西山に代表される京都三山に三方を囲まれ、東に鴨川、西に桂川、南に宇治川が流れる美しい都。


また、京都は日本の国宝の20パーセント、重要文化財の一四%を有し、清水寺や鹿苑寺(金閣寺)、二条城など14の寺社が世界文化遺産に登録されているなど、世界有数の歴史都市としても知られています。


さらに、祇園祭をはじめとする伝統行事や、風情あふれる街並みなども、京都観光の大きな魅力となっています。
posted by taikoc at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

日帰り温泉旅行と日帰り観光旅行

日帰りの温泉旅行や観光旅行が、近年静かなブームになっています。ストレスで傷ついた心と体を癒すには、やはり温泉が一番。


近郊の温泉を利用するならば、日帰りでも、のんびりと旅行を楽しむことができます。「ちょっと疲れがたまってきたな……」と思ったら、日帰りで温泉旅行に出かけましょう。


温泉旅行といえば、温泉宿の料理も楽しみの一つです。温泉につかったあとは、その土地の名物料理をしっかり堪能したいもの。


温泉宿の中には、日帰りの旅行者のために、入浴と食事がセットになったプランを用意しているところもあるので、それを利用してみるのもよいでしょう。


また、日帰り観光旅行も、意外と楽しめるもの。東京からなら、房総半島や伊豆・箱根、秩父などがねらい目です。日曜日に家族連れで、ちょっと贅沢な一日を過ごしてみてはいかがですか。


もちろん、少し欲張って「観光プラス温泉」というプランを立ててみるのもいいでしょう。伊豆近辺や箱根などは、有名な温泉地であると同時に優れた観光地でもあります。
posted by taikoc at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

日本の洞窟

洞窟とは、人が入ることができ、入り口の大きさより奥行きのほうが深い崖や岩石の中にできた空間のことで、日本にも洞窟はたくさんあります。


日本の洞窟は、石灰岩地域に数多く分布しており、また、火山列島ということもあり、富士山や八丈島などに多くの溶岩洞窟、海岸沿いには海蝕洞などがあります。総延長が1kmを越える洞窟が73、深さ100mを越える洞窟が37確認されています。また、観光洞窟も全国に80以上あります。


洞窟の中で日本で一番長いのは、岩手県岩泉町の安家洞で2万3,700m、次が鹿児島県知名町の大山水鏡洞で9,150m、そして山口県秋芳町の秋芳洞(風穴-葛ヶ穴)の8,790mと続きます。


一方、最近の温泉ブームに伴い人気があるのが、洞窟温泉や洞窟の湯。文字通り、洞窟の中に温泉があるもので、内風呂や露天風呂では味わうことのできない幻想的な雰囲気の中で、温泉に入れるのが人気の秘密のようです。


日本の洞窟について詳しく知りたい方は、日本洞窟学会

http://www.netlaputa.ne.jp/~ssj/whatssj.html


観光洞窟の分布について知りたい方は↓

http://www.cob.jp/jsp/show-j3.html
posted by taikoc at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

洞窟とは

洞窟とは、崖や岩石の中にできた空間で人が入ることができ、入り口の大きさより奥行きのほうが深い穴をいい、洞穴(どうけつ、ほらあな)ともいいます。


洞窟内は、一般に湿度が高く、内部の気温は外側に比べると、夏は涼しく・冬は暖かくなっています。


洞窟は、でき方や洞窟を形づくっている岩石などにより、色々な種類に分けられており、主なものは以下の通り。


・溶食洞窟〜雨水や地下水が岩石を少しずつ溶かしてゆく溶食された洞窟。(石灰洞・鍾乳洞・氷河洞)


・侵食洞窟〜雨水や地下水、あるいは河川や波によって岩石がけずり取られる侵食作用によって形成された洞窟。(海食洞・河食洞など)


・火山洞窟〜火山の噴火により流出した溶岩の中に形成された洞窟。(溶岩洞)


・構造洞窟〜地すべりや断層・しゅう曲などの地殻変動によって割れ目が形成されたり、断層や節理によって崩落や剥離を繰り返し形成された洞窟。(割れ目洞・断層洞・節理洞)


なお、洞窟の中には世界遺産に登録されているものもあり、多くが観光名所となっています。アルタミラやラスコーの洞窟はその壁画が世界的に有名で、教科書にも出てきますね。


・ヴェゼール渓谷・ラスコーの洞窟/フランス

・アルタミラ洞窟(現在は立ち入り禁止)/スペイン

・シュコツィアン洞窟群/スロベニア

・マテーラの洞窟住居/イタリア

・マテーラの洞窟住居/イタリア

・カールズバード洞窟群国立公園/メキシコ

・アグテレック・カルストとスロバキア・カルストの洞窟群/ハンガリー共和国

・カプリ島・青の洞窟/イタリア

・リオ・ピントゥラスの手の洞窟/アルゼンチン

・グヌン・ムル国立公園/マレーシア2000

・済州火山島と溶岩洞窟/韓国
posted by taikoc at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。